読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事の合間にジャズドラマー

音楽も気分も叙情的な私ではありますが

ユーロ系セッション(仮)

イベント・ライブ ユーロジャズ 日記

いやー、更新まで時間かかった。これでも結構仕事してんですw

2013.5.31(土)

そんな訳(どんな訳?)で好意を示してくださる人には思いっきり尻尾を振ってしまう。。。
どう考えても人間目イヌ科に属する私です


えー(笑)、5月の最後、普段ジャムセッションではやらないできないユーロ系ジャズを演奏する会を開いてみました。

ベースのN女史の主催するイベントで知り合いましたピアニストの方が、期せずしてユーロ系のジャズをお好きだということで、私の方からラブコールを送りまして(ちなみにその方は男性です)この会を開催するに至りました。
場所は市ヶ谷にある"ビーツパラダイス"という音楽スタジオ。

メンバーはピアノのK氏、ドラムの私(この2人はユーロ好き)ベースのN女史(K氏と良くあわせていらっしゃる)、テナーサックスのK'氏
K'氏とは横浜のセッションで知り合い、その翌日にこのスタジオでバッタリ(お互い個人練習していた)。それならちょっとやろうよ、声をかけた処実はヤン・ガンバレク好きだという事でもう何このブッカー振りww

そのセッションが上手くいったかどうだかは特に明記致しませんが(爆

ものすごく楽しかったです。

定期的開催してあわよくばライブできないかなぁ。



さて、本題です。

セッションで演奏した曲

まずはテナーのK'氏が持ってきたキース・ジャレットのユーロセクションのナンバー、

Long as You Know You're Living Yours

これはその後発表されたスティーリー・ダンのガウチョがこの曲と酷似していているということで訴訟問題になりました。フェイゲンとベッカーはそのことを認めて(!)その結果キースがガウチョの作者としてクレジットされることとなったみたいですね。

次もK'氏が持ってきたキースの
PRISM

この曲、調性の無さにハマってしまいました。今度ライブで演ろっと。ピアニストさんヨロシコww

続いては、あのラーシュ・ヤンソンの名盤”HOPE”から

Blissful Smile

本人演奏とかの動画がないので、Yuichi Iiyamaさんの動画で。(ラーシュ・ヤンソン本人から”Sweet”ってコメント来てるんですよ。いいな~)

これもいい曲ですよね。譜面頂いたのでまた演りた(略


この曲が演れて幸せだったのですけれど、エンリコ・ピアラヌンツィの

Don't Forget The Poet

バンドアレンジで演奏している動画もありますので各々探してみてくださいませ。
ちなみに、普通にリアルブックにあります。

そしてこの曲がこの日のメインディッシュ。Simple Acoustic Trioの

Tamara

3拍子は大得意なんですが、この曲はBメロが4小節多いので一苦労。
この曲もレパートリーに取り入れたいです。

他にもリタ・マルコチュリの曲とかあったのですが、残念ながらタイムオーバー。

なんか演りきれなかっただけに次回への期待が高まるのでありました。

おまけ

こんなのお借りしてきちゃいました。
f:id:noykad:20130604233306j:plain:w300
スッキャン、スキャン♪